FC2ブログ

フランス旅行 アヌシー

2014/05/12 Mon

フランス旅行を楽しんできました。
毎日食べて飲んでがメインの旅になり、あまり観光をしていないと少し反省しております。パリとは違ったフランス地方ののんびり感が好きです。

まずはスイス、イタリア国境に近いアヌシーへ。アルプスの山々を映すアヌシー湖畔に開けた、歩いて回ることができる小さな町です。


アヌシー


運河が走る街並みは「フランスのベニス」とも呼ばれています。
中世の面影を残す旧市街は歩行者専用の通りも多く、花で飾られた家並みが目を楽しませてくれました。


アヌシー湖


ヨーロッパで一番の透明度を誇るアヌシー湖。湖畔に面して公園があり、目の前に広がる大自然に魅せられました。ここでは遊覧船に乗って湖畔に点在する小さな村々や水辺にたたずむ古城、そしてアルプスの山々を楽しむ予定でしたがあまりの寒さに諦めました。ダウンジャケットやウールのコートを着ている人が羨ましく思える気温でした。


朝市


こちらは日曜日の朝市の様子。野菜や果物、パン、お菓子、コンフィチュール、ソーセージ、チーズ、ヌガー、鳥の丸焼きなどたくさんのお店が並びます。試食を楽しみながら昼食用にパンや野菜、果物を買い、お土産にコンフィチュール、ヌガーなどを買いました。写真はお店が並び始めてすぐの様子、お昼前には歩くのも大変な程にぎわっていました。活気にあふれたマルシェでその土地の食材を見て味わうのが大好きです。


前にフランスの最も美しい村/Les plus beaux villages de Franceを紹介しましたが、フランスには花の町/villes et villages Fleurisというコンクールがあります。審査によって4つ花から1つ花までの段階を示すプレートが授与され、アヌシーは4つ花です。
2日目の午後には太陽が顔を出し気温も上がりましたが、寒さが思い出が残るアヌシーでした。暖かくなり町が花いっぱいになる季節に来たかった!が、正直な感想。とはいっても、サヴォワ料理にサヴォワワイン、旧市街の散策、高台から眺めたアヌシーの町並み、フランスのベニスを十分楽しみました。


次の目的地はボーヌです。

上高地の花

2013/08/14 Wed

またまた上高地ネタです。
上高地にはたくさんの花が咲いていました。
花の名前はインターネットで調べましたが、間違っていたらごめんなさい。


上高地の花1
クサボタン

上高地の花2
クガイソウ??

上高地の花3
キンミズヒキ

上高地の花4
キツリフネ

上高地の花5
ソバナ

上高地の花6
ヤマココハ?

上高地の花7
ヨツバヒヨドリ?


他にもたくさんの花を楽しみました。
花以外にも猿の親子やオコジョにも会いました。
オコジョを見たのは初めて。
とても小さく、愛らしい顔が忘れられません。
チョロチョロ姿を現したり隠れたり、その姿も可愛かったです。

上高地の魅力

2013/08/10 Sat

上高地には独特の空気が流れています。


上高地1



言葉では表現できない魅力をその場に立つと感じます。
とても癒される場所。

人が多いので静かとはいえません、でも景色がすばらしい。
間近に迫る北アルプスと梓川を眺めていると時が経つのを忘れます。


上高地2


きれいな水の流れを見ながらのんびり歩くのがおすすめ。

撮った写真は水辺の写真ばかりですが、緑の中を歩いたり景色が変るので飽きることはありません。


上高地3


家族連れも多く、誰が行っても楽しめると思います。
夏の旅行におすすめです。

行ってみたい...

2011/09/17 Sat

最近、CMを見るたびに「行ってみたい」と、想う場所があります。
それは福山雅治さんが出演している、キューピーハーフのCMに登場する建物。
場所はアメリカ。フランク・ロイド・ライトが設計した週末住宅「落水荘(Fallingwater)」です。


落水荘


とりあえずは、こちらの本を見ながら行ったつもりに。
この本は私が独立した時に、お世話になっている方から頂きました。
フランク・ロイド・ライトの作品が「飛び出す絵本」になっています。
(写真ではわ分かりづらいでしょうか?)
図面や写真、スケッチなども載っていて、サイズも大きく、見応えのあるおもしろい本です。
しばしページをめくりながら妄想の世界へ...


「落水荘」 いつかその空間を体感してみたい、と想っている建築です。

熊野古道を歩く 3

2011/08/27 Sat

この旅行で宿泊に選んだのは熊野本宮温泉郷の1つ、川湯温泉。
旅館の前を流れる熊野川の支流、大塔川は川原を掘ると温泉が湧き出てきます。
川沿いにはたくさんの手作り露天風呂ができていました。
川の色はきれいなエメラルドグリーン。
手作り温泉で体を休める人、川で水遊びする人など、みなさん楽しそうでした。


川湯温泉


3日目は熊野三山の熊野速玉大社へ。
ここは神倉山のゴトビキ岩をご神体としているとのこと、「ゴトビキ岩」を祭る神倉神社にも行ってみました。


神倉神社1


この写真がその参道入り口の鳥居。
この鳥居の正面に立ち、思わず笑ってしまいました。
目の前には、先が見えない程の急な石段...
ここではたくさんの地元の方にお会いしました。
石段を登るコツを教えて頂いたり、励ましの言葉を頂いたりと...
どうやら皆さんこの石段を上り下り(お参り)するのが日課のようで、年配の方が軽い足取りで登っていきます。

石段は538段あるそうで、毎年2月6日には、この急勾配の石段を火のついた松明を持って駆け下りる、「お燈祭り(おとうまつり)」が行われます。
町から見上げると、火の滝のように見えるそうです。


神倉神社2


岩倉山の中腹にある神倉神社からは新宮の町と海が一望できました。


ここで出会った地元の方に「熊野は何度もお参りするところ、またおいで」と、声をかけられました。


地元の方はこの熊野の地を愛しているんだなーと、感じた旅でした。
プロフィール

秋本千恵子

Author: 秋本千恵子

群馬県であきもとちえこ建築設計事務所を主宰する、秋本千恵子のブログ。
見て、感じ、思ったことを気ままに綴っています。

カレンダー
08 ≪ 2019 / 09 ≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク